靴の外来

靴の外来ってどんなところ?

靴の外来について靴の外来とは、簡単に言えば、オーダーメイドで患者様のために世界で一つだけの靴を作るために診察を行うところです。人の足の形はそれぞれに少しずつ異なっています。市販の靴では疲れやすかったり、痛みを感じられる場合、医師が診断し専門の義肢装具士が採型し、治療法の一つとしてオーダーメイドの靴を作ります。オーダーメイドの靴は、当然形から靴底まで、患者様の足に合うように製作しますので、より快適に靴を履いて頂くことができます。

どんな症状に効果的?

一般的に、扁平足・外反母趾・膝の変形などで市販の靴が合わない、市販の靴では疲れやすいという患者様にご案内しております。
小さなお子さんでも作ることはできますが、お子さんは足の成長が早く、すぐにサイズが合わなくなってしまうため、あまりお勧めはできません。

診断と治療はどうなるの

足の痛みでお困りの場合、まず、医師が診断を行い、必要に応じてオーダーメイドシューズのご紹介を致します。靴を製作するということになれば、毎週木曜日に義肢装具士による採型を行っています。靴は一週間程度で出来上がります。
靴の製作は、治療法の一つであり、診察時に「何故足が痛むのか」「何故歩きにくいのか」をしっかりとご説明し、患者様にご納得頂いた上で製作を行うという流れになります。

保険は使えますか?

はい、診断と靴の製作費も含め、保険適応が可能です。ただし、1年半に1回という期間の制限はあります。

まずはご相談ください

靴の製作は治療法の一つですので、足が痛いとおっしゃる全ての患者様にご紹介する訳ではありません。しかし、認知度が低く、治療法として取り入れている地域の医療機関はまだ多くはないため、扁平足で足がひどく疲れやすい場合や、市販の靴ではどうしても足が痛む場合などは、オーダーメイドの靴で症状が軽減されるかも知れません。まずはしっかり診察をすることが第一歩になりますので、お気軽にご相談なさってください。